工務店,ビルド

住宅の様々なスタイル

住宅のスタイルは様々であり、集合住宅と一戸建てに大別でき、さらに持ち家と賃貸というスタイルがあります。持ち家はマンションや一戸建てを購入する形となり、賃貸はマンションやアパート、一戸建てを家賃を支払うことで生活するスタイルとなります。どちらも一長一短でしょう。持ち家は資産として残ると言われていますが、将来的に資産となるのは立地条件の良いマンションや土地だけであり、その価格も下落してしまうリスクがある反面、比較的低コストで生活することができるため、確実な現金での資産を残しやすいというメリットがあります。

賃貸を借りる際に必要なものとは

賃貸を借りる際には、お金以外にも、書類など必要なものがあります。まず、住民票は、契約者だけではなく、入居者全員の分が必要とされることもあります。発行期間が古いものは使えない場合があります。次に、印鑑と印鑑証明が必要です。印鑑証明をとるためには、居住している自治体で事前に印鑑登録を行う必要があります。収入を証明する書類と、家賃の支払いのための金融口座印も必要となります。賃貸を借りる際には、先に述べたもの以外にも、必要となるものがあるかもしれないので、事前に調べておくことが大切です。

↑PAGE TOP