工務店,ビルド

工務店で家を建築しよう。

工務店で家を新築する場合は、建設予定地の敷地調査からはじまります。敷地の面積、寸法だけではなく敷地が存在するエリアの法的規制なども確認する必要があります。その他工事に関わってくる部分として上下水道の引き込みや、全面道路の幅員、隣地の状況、道路と宅地との高低差、電柱の位置なども対象になります。工務店で行う調査は、プロの目から見てどのような家が適しているかを検討する材料になりますので、大変重要なものです。その後の間取り図作成や見積もり提案の為の準備とも言えますので、必ず実施することをおすすめします。

実態調査を費用をかけずに行う

工務店の実態調査といっても調査の仕方が分からない、または調査をするほど費用がかけられないというのは仕方のないことです。しっかり下調べをといっても個人にはできることに限りがあります。それでも自分で選ぶには十分すぎるほどのことはできます。たとえば、依頼を考えている工務店の様子を建築会社の人から聞いてみたり、事前にその会社に電話をし話を聞いてみたりなどです。電話に中々出てくれないことがあったり、電話先での喋り方が粗雑なものである場合は信用に欠けます。アポイントメントを取って担当の方と話をするのも手ではあります。その際にも、その担当の方の接し方が信用性にも繋がるものであると考えるのも良いでしょう。

↑PAGE TOP